• TOP
  • サイト利用規約

サイト利用規約

この規約は、お客様が、株式会社プックの運営する本サイトをご利用頂く際の取扱いにつき定めるものです。本規約に同意した上でご利用ください。

第1条 本規約への同意
  1. 利用者は、本利用規約に同意頂いた上で、本サービスを利用できるものとします。
  2. 利用者が、本サービスをスマートフォンその他の情報端末にダウンロードし、本規約への同意手続を行った時点で、利用者と当社との間で、
    本規約の諸規定に従った利用契約が成立するものとします。
  3. 利用者が未成年者である場合には、親権者その他の法定代理人の同意を得たうえで、本サービスをご利用ください。
  4. 未成年者の利用者が、法定代理人の同意がないにもかかわらず同意があると偽りまたは年齢について成年と偽って本サービスを利用した場合、
    その他行為能力者であることを信じさせるために詐術を用いた場合、本サービスに関する一切の法律行為を取り消すことは出来ません。
  5. 本規約の同意時に未成年であった利用者が成年に達した後に本サービスを利用した場合、当該利用者は本サービスに関する一切の法律行為を追認したものと
    みなされます。
第2条 規約の変更
  1. 当社は、利用者の承諾を得ることなく、いつでも、本規約の内容を改定することができるものとし、利用者はこれを異議なく承諾するものとします。
  2. 当社は、本規約を改定するときは、その内容について当社所定の方法により利用者に通知します。
第3条 アカウントの管理
  1. 利用者は、利用に際して登録した情報(以下、「登録情報」といいます。メールアドレスやID・パスワード等を含みます)について、自己の責任の下、
    任意に登録、管理するものとします。利用者は、これを第三者に利用させ、または貸与、譲渡、名義変更、売買などをしてはならないものとします。
  2. 当社は、登録情報によって本サービスの利用があった場合、利用登録をおこなった本人が利用したものと扱うことができ、
    当該利用によって生じた結果ならびにそれに伴う一切の責任については、利用登録を行った本人に帰属するものとします。
第4条 個人・法人情報等の取り扱い

個人・法人情報及び利用者情報については、当社が別途定める「個人・法人情報保護方針」に則り、適正に取り扱うこととします。

第5条 禁止行為

本サービスの利用に際し、当社は、利用者に対し、次に掲げる行為を禁止します。当社において、利用者が禁止事項に違反したと認めた場合、利用の一時停止、
退会処分その他当社が必要と判断した措置を取ることができます。

  1. 当社または第三者の知的財産権を侵害する行為
  2. 当社または第三者の名誉・信用を毀損または不当に差別もしくは誹謗中傷する行為
  3. 上記の他、当社が不適切と判断する行為
第6条 免責
  1. 当社は、本サービスの内容変更、中断、終了によって生じたいかなる損害についても、一切責任を負いません。
  2. 当社は、利用者の本サービスの利用環境について一切関与せず、また一切の責任を負いません。
第7条 当社への連絡方法

本サービスに関する利用者の当社へのご連絡・お問い合わせは、本サービスまたは当社が運営するwebサイト内の適宜の場所に設置する
お問い合わせフォームからの送信または当社が別途指定する方法により行うものとします。

第8条 準拠法、管轄裁判所
  1. 本規約の有効性,解釈及び履行については,日本法に準拠し,日本法に従って解釈されるものとします。
  2. 当社と利用者等との間での論議・訴訟その他一切の紛争については、訴額に応じて、名古屋簡易裁判所又は名古屋地方裁判所を専属的合意管轄裁判所と
    します。

2018年8月1日 施行

ブラックサロン撲滅運動

ブラックサロンとは?
一般的なブラック企業と同じ様に、サロン業界にも現代の一般的な社会ではとても考えにくい事柄が存在していると聞きます。
そんな一般社会的ではないサロン(メーカー・ディーラーなどを含む)を示します。
よくあるサロンの事例:
  1. 労働基準を無視した雇用条件。(労働基準法など法律を無視した雇用条件)
  2. 残業手当が配当されない加重労働。(勉強会・技術指導・スキルUPなどによる昇進過程に於けるお店の貸し出し残業)
  3. 退社後サロン独立開業に必要とする各社取引などの妨害。(商材などの仕入れに必要とする取引会社やその他への業務圧力)
  4. 退社後サロン独立開業に於ける強制的な地域指定。(開業するにあたり退社するサロン近郊に出店しない事などの条件付き退社)
  5. ノルマによる罰金雇用。(昇進過程などに於ける顧客確保や宣伝広告などに於けるポスティング配布数が与えられたノルマに満たない場合の罰金)
  6. 強制的条件付雇用。
    雇用条件として上記1.2.3.4.5.など強制的な条件を定義している。
  7. 過剰業務の要求。(取引に於ける過剰的な業務の要求)
よくあるディーラーの事例:
  1. 商材取引や不動産紹介などによる個人への金銭要求。
  2. 強制的囲い紹介。(不動産物件持主・不動産会社・建築デザイン設計会社・工事会社・広告制作会社・税理士・社会保険労務士・行政書士などから専任または
    協賛していないにもかかわらず、一度紹介した事により依頼する場合は、必ず紹介ディーラーを経由しなくてはならない強制的な囲い紹介)
  3. 商材販売に於ける業務転換。(メーカーなどの商材をディーラーが代理店として販売する場合に於ける業務を怠り、メーカーへ業務転換する)

ブラックサロン撲滅運動は、サロン業界に存在するブラックサロンを撲滅し、より良いサロン業界の促進を目的としています。

Collaborate Company

  • 美容関連商材
    • TAKARA BELMONT
    消耗品・必需品
    家具・雑貨
    建材
    • LIXIL
    住まい
    • 住友林業の家
  • POS
    BGM
    • USEN
    オンラインセキュリティ
    • セコム
    お掃除用品レンタル・サービス
    • ダスキン
    広告・Web
    出版・印刷
  • プロパンガス
    • カニエJAPAN
    ランドリー
    • AQUA
    モデル
    アパレル・アクセサリー
    ブライダル
  • 保険
    • 保険見直し本舗
    団体・協会・学校
    士業

Collaborate Companyご登録

メニュー